補聴器を購入前に知っておきたいこと

分からないことだらけの補聴器!?

今、聴こえに満足している方は補聴器のことを考えることは少ないと思います。実際は聴こえに不安を感じるようになって、初めて補聴器の事を考えるようになります。ですのでホントに補聴器って何?と思われている方も多いのはないでしょうか。

購入前にぜひ知っておきたいことをご紹介します。

・耳鼻科に行く

聴こえの不安が病的なものなのか、また治療で治るものか診察してもらう必要があります。

・信頼できる補聴器専門店へ行く(できれば、ご家族と一緒に)

補聴器を売るお店ではなく、「よりよい聴こえ」と補聴器を通じて「生活の質の向上」を提供するお店を見極める必要があります。

新多聞補聴器センター

・補聴器について

補聴器は難聴を治すものではありません。装用することで聴こえを補い、生活の質を上げることが出来ます。補聴器には様々な種類があります。形(スタイル)だけでも、大きく分けて3種類(耳あな型、耳かけ型、箱型)あり、更にこの3種類それぞれ細分化されています。 (※ ex.耳あな型 ⇒ IIC、CIC、ITC、ITE など)

また当店で補聴器は全て1人1人の聴力に合わせることが出来るものしか取り扱っておりませんが機能違い価格も50万円代から10万円以下と幅があります。機能の違いとは装用者のニーズ(使いたい場面や快適性、慣れやすさ)を改善するためにありますのでニーズが多く、難しい内容であれば機能の多いものをオススメいたします。補聴器を選ばれる際、ニーズとご予算に応じて出来ること、出来ないことをしっかりご説明し無理に購入を勧めることはございませんのでご安心ください。

・できるだけ早めに装用する

補聴器を早くからつけると聴こえが悪くなるのでと不安があるかもですが、聴力に合った補聴器を使っていれば、一般的に補聴器で耳が悪くなるということはございません。むしろ、軽度のうちから補聴器をつけている方の方が、かなり難聴が進行してから「初めて」補聴器をつけて方に比べると「同じ聴力」でもよく聞き取れる傾向があるようです。

・装用してもすぐに使いこなせない

周りで補聴器のことを「雑音ばかり聞こえる」とい話を聞いたことはありませんか?加齢での難聴の場合、不安を感じたのは最近でも長い時間をかけて少しずつ聴こえにくくなっていることが多くあります。急に若い頃と同様の小さい音をよく聞こえるようにすると体がついてきません。そうです。雑音とは周りにある生活環境音であることが多いです。例えば、冷蔵庫やエアコンの音、足音、もしかて外出中ならエスカレーターの音もあるかもしれません。これらは決して雑音ではなく、耳がよかった頃には聞こえた音です。ですので、ある程度、時間をかけて「補聴器から聞こえる音」を脳に理解させる必要(リハビリ)あります。慌てていいことはありません。 一緒に時間をかけてリハビリをしてくれるお店を選びましょう。